平凡ワーママがコンサルタントになるまで

偏差値50の平凡2男児のワーキングマザーが、将来の目標に向かって、テレビや書籍から学んだことや、資格勉強などの学習記録を残していくブログです。 本当にコンサルタントになれるかしら…?

3年ぶりのTOEIC受験は約40hの勉強でスコアアップを達成!

コンサル志望の平凡ワーママ、サチです。

 

3年ぶりにTOEICを受験することになりましたので、その時の勉強の簡単な記録です。

結論から言うと、着実に取りたい600点(前回実績より若干低い)を目標に、前回超えでリスニングの自己ベストを更新できました!!

 

TOEICとは

言わずもがなの認知度だと思いますので、割愛します。(笑)

www.iibc-global.org

 

TOEICオンラインIPテストとは

自分ではそこそこ知名度があると思っていたのですが、Twitter(X)仲間からは「オンラインで受けられるんですか?」と聞かれることが数度ありましたので、改めて紹介しておきます。

結論から言うと、受けられる人と受けられない人がいます。(2023年12月現在)

所属企業などで団体受験をやっている場合は受けられます。

 

オンラインIPテストのメリット

良いことがいろいろあります。

  • 24hどこでも受けられる
    • 子育てママは勤務時間中に保育園に預けている時に受けられる
      (勤務時間に認められるか、休憩時間扱いかは会社の規定によるかもしれません)
    • (会社の決まりによっては)育休中などでも受けられる
  • 試験時間が約半分(1h)
    • 公開テストは2h+移動時間が必要だけれど、AIでレベルに合わせた出題をしてくれるので、回答時間が約半分で済みます。
      (アンケート等あるので約1.5h見ておいた方が無難。)
  • すぐに結果がわかる
  • 会社によってはタダで受けられる
    (年間の受験回数上限や決められた節目の年だけなど制約があるケースもありますし、そうでなくても公開テストの半額前後で受けられる会社が多いのではないかと)
  • 1名から受験できる
    (と公式には書いてありますが受ける当人にはあんまり気になりません)

 

逆にデメリットはあまりないように思います。

CBTテストが苦手な人に向かない、とか、点数が悪くてなかったことにして再受験しようと思っても点数がなかったことにできず会社にバレる…などでしょうか。

 

受けられる権利がある人は検討してみていただければと思います!

 

ちなみに、AIに監視されているので、なりすましやカンニングは疑わしければチェックされると思います。
(会社によっては監視機能が使われていない可能性があります。また、あえて疑わしい行動はしないので知りませんが。)

 

オンラインIPテストについての詳細は以下をご参照ください。

www.iibc-global.org  

今回の勉強方法

受験の動機

2つありますが、私は語学力を強みにしようと思っていませんので、かなり消極的でした。

  • 社内ルールで実質的有効期限が存在し、それが期限切れだった
    (切れてるよ!とアラートはないのですが、昇格昇級試験候補者になった時に2~3年以内の有効なTOEICスコアがないと昇格昇級試験の準備時期にTOEICまで受験させられるという事態に陥るので、2~3年前後で更新し続けることがやんわりと求められています。)
  • 下期の目標設定にグローバルか英語に関するものを含めなさいという指示が急に飛んできたこと
    (実際は1つ目の理由で9月からTOEICの勉強は開始していたので私はTOEICスコアを目標に設定したのですが、受験時期を後ろ倒しできなくなり逃げられなくなりました。)

 

勉強方法

今回の私は諸般の事情で他にITツールの資格試験と並行になってしまったので、勉強時間は少なく、対策は3つに絞りました。

  • まとまって15分間以上が取れるときは模試
  • 細切れでも本を開けるときは英単語帳
  • 家事最中のひたすら聞き流し

 

模試は書籍は買わず、後述するアプリ(abceed)を使っていました。

 

英単語帳は昔に買って積読になっていたビジュアル英単語の書籍が懐かしくなって使っていました。

私くらい英語に苦手意識のある人には、以下のような特徴があるものが良いのかな?となんとなく思い、この英単語本はそれを満たせているので使いました。

  1. 単語とイメージが紐づけられるもの(イラストや図解)
  2. 熟語やフレーズが載っているもの
  3. 出題頻度や難易度が書いてあるもの

 

英語音声の聞き流しは、ニュースや関心のある科学やテクノロジーのネタを中心に、1.5~2倍速で聞いていました。

もちろん私の英語力では何言ってるかほとんどわからないのですが(笑)、比較的集中して聞ける状態(はほとんどないながらそういう)時はなるべく単語のスペリングを思い浮かべながら聞き、そうでない時は単純に本番の音声が「ゆっくりめに喋ってくれて良かった」と思えるようにできれば良いと割り切っていました。

abceedでは、読み上げ記事の音声はアメリカとイギリスを選択できるので、より私が苦手なイギリスの発音で耳を慣らしました。

 

逆に文法や読解の対策は全くやっていません。

だから、リーディングがイマイチだったのはそのせいかもしれませんが、限られた時間の中で学習する前提のもと、私には「うえっ!英語だとっつきにくい」という気持ちをまず取り除くためには、知っている英単語が増えることが必要と考えたためです。

 

勉強時間

3ヶ月強でトータル40h程でした。

3つの学習について何に何時間使ったかは記録をしていないのでわかりません。

f:id:sachi-to-be-a-consul:20231216085825j:image

 

ただし、abceedは月額で本1冊買えるくらいの料金がかかりますので、試験の1ヶ月弱前から課金しまし、受け終わってすぐ解約しました。
(3年前はもう少し安かった気がするんですけど…)

 

abceed模試受験の履歴

abceedの模試は15分版~120分版が選択できます。

私は10回分受験しました。

 

履歴は以下です。

私はあまり集中力が続かない方なので、本番と同じ60分は2回しか受けず、形式に慣れれば良いので、短時間のを中心にやりましたので実力よりも高めに出ていることが多かったです。

何より、バラバラな点数ですが、目標600点は全部超えましたので、本番もきっと600点には到達できる!と自信に繋がりました。

cnt Total Listening Reading
1 670 420 250
2 715 405 310
3 765 475 290
4 620 305 315
5 745 475 270
6 695 320 375
7 840 385 455
8 625 335 290
9 700 350 350
10 620 385 235

 

最後に受けた模試のSNS投稿用の画像がこんな感じです。楽しいですよね♪

そして、最終的な本番の得点は675点(L400/R275)でした!

 

abceed模試に慣れ過ぎた人のオンラインIPテストの注意点

いくら本番形式に近いとは言え、やはり違いはあります。

些細なことで動揺する私のようなタイプのために書いておきます。
(以下、「本物」はオンラインIPテストの意味です。)

  • 本物は最初にアンケートが出る
  • 本物はDirectionsをスキップできない
  • 本物はリスニング・リーディングそれぞれUnitが2つに分かれている
    TOEIC L&R IPテスト(オンライン)_受験のしおり (iibc-global.org)に予め目を通しておくと安心です。
  • 文字サイズが調整できない(小さくて見づらく感じた)
  • チャートの画像がやや荒くて見づらく感じる
  • abceed模試で謎に使える「Ctrl+F」検索はもちろん使えない

 

abceed: TOEIC®/英語を映画や有名教材で学習
abceed: TOEIC®/英語を映画や有名教材で学習
開発元:Globee Inc.
無料
posted withアプリーチ

反省・今後に向けて

現在の私の仕事は100%日本のお客様であり、今後語学力やグローバル対応を強みにしようという考えがないため、英語は丸2年間お休みします。

でも、次回もきっとabceedや英単語はやるでしょう。

また時間的余力が作れれば、次は読解は強化したいなぁという思いがあります。